• ホーム
  • 生活習慣とインポテンツの関連性

生活習慣とインポテンツの関連性

2019年08月26日
幸せなカップル

人によっては、食生活のバランスが乱れていたり、運動不足になっていたり、生活リズムが乱れていたり、喫煙習慣があったりして、生活習慣が不健康になってしまっている人がいます。
このような生活習慣は、最近ではメタボリックシンドロームや高血圧や糖尿病、動脈硬化などにつながり、さらに重度の病気につながっていく危険性もあると指摘されています。
そこで、もし軽症のインポテンツが始まった場合は、生活習慣病が関係している可能性があります。
インポテンツの原因は、様々ですが、十分ペニスが勃起しなかったり、早朝勃起がない日が続く場合は、単純に加齢によるものではなく、生活習慣病の入り口に差しかかっている可能性があります。
特に、生活習慣病の中でもメタボリックシンドロームや糖尿病がインポテンツの原因になるということがいわれています。
なぜ、メタボリックシンドロームや糖尿病がインポテンツの原因になるのかというと、メタボリックシンドロームの場合は、血流の低下による関連性を挙げることができます。
正常にペニスが勃起するためには。十分な血流が必要になってきます。
ペニスに十分な血液が行き届かないと、勃起が続くなくなったり、まったく勃起しないなどの状態になってしまいます。
メタボリックシンドロームは動脈硬化をもたらしますから、当然ペニスへの血流も悪くなっている可能性があります。
次に、糖尿病に関しては、糖尿病になると全身の血管に動脈硬化が現れるようになることが多いですから、結果としてペニスへの血流が低下してインポテンツになると考えられます。
ただし、メタボリックシンドロームや糖尿病に関しては、生活習慣を改善させることで予防したり、改善させることが可能ですから、一度生活習慣を見直してみるということが大事になってきます。