カプセルと瓶と葉
葉の上にあるカプセルと緑の粉
葉の上にある多様なカプセル
公園で遊ぶ夫婦

インポテンツは勃起の不全症状を示す言葉です。
勃起の具合と言うのは、当然、個人差があります。
また同一人物であっても、その時の状況や心身の健康状態、またその時の年齢によっても差が出てきます。
ただ、やはり性的行為を行うためには、陰茎がしっかりと勃起して、それが持続することが必要です。
そのため、そこに支障が出てくるインポテンツを恥ずかしい病気だと考えている人は多いかもしれません。
しかし多くのけがや病気同様、インポテンツになりたくてなっている人など皆無です。
そこには心因性、器質性の原因があり、それがたまたまインポテンツと言う形となって外に出てきてしまっているわけですから、その点においては他の病気と何ら変わりはありません。
ですからインポテンツを恥ずかしい病気ととらえるのは、実際にその症状で苦しんでいる人に対してとても失礼なことになります。
またインポテンツを恥ずかしい病気だととらえていると、治療にかかるのが遅くなる可能性もあります。
すると、どんどん症状が進行してしまい、治療を開始した時には完全に勃起不全になってしまっていたと言うことも少なくありません。
早期に治療を開始すればするほど、改善の見込みも高くなりますし、症状が重くなるのを防ぐことも可能です。
ですから、恥ずかしいことではないと言う意識を持つことは大切です。
そしてこれはまた、パートナーとのトラブルを避ける上でもとても重要なことです。
特に夫婦間において、性的行為に対する見解の不一致は離婚の原因にもなりかねない要素です。
インポテンツがあり性交渉が難しくなった。
けれど恥ずかしいと言う思いがありそのことを妻に話せないまま、性交渉だけを拒否するようになったと言う場合、妻にしてみれば疑問と不信がわいてくるのは当然です。
しかし理由をきちんと話してもらえば、理解や納得ができます。